The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

7月終了  

7月の練習をみてみると

スイム : 4.5km
バイク : 358km
ラン  : 120km

今月はアイアンマン3連戦明けのオフということで
久しぶりにほとんど練習せずゆっくり休んだ。

思い切ってスイムを1ヶ月休んで肩の回復をはかったが、
ほとんど回復していないのはショックだったなー。

まあ、肩はあせらずじっくり治していくしかない。


で、8月からは本格的に練習再開。
特にランに力をいれて8月30日の北海道マラソンでサブスリーを目指す。

久しぶりに300kmを目標に走ろう。
スポンサーサイト

category: トライアスロン

tb: 0   cm: 0

博多名物かしわめし  

20090730122442
20090730122440
博多出張の時はたいてい博多ラーメンになってしまいますが、今回は駅弁に。

かしわめしもおいしかったです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

暑い夏は辛いもの  

昨日は「西安」という中華料理で食事。
刀削麺がおいしい店で有楽町店に行った。

中国人がやっている中華なので日本風にアレンジされていないのがいい。
(「麻婆豆腐に片栗粉が入っていない」など)
ついつい辛い羊肉串なんかを食べてビールもくいくい。

朝走りに行ったら、やっぱりお腹がいたくなって3回もトイレに。
どうも胃腸が弱いのか、辛いものを食べた翌日は腹をこわしやすい。

でも夏はやっぱり辛いものがおいしい。
次は火鍋かな。

category: 食事

tb: 0   cm: 0

リスタート練   

2000×3のインターバル。
設定は7’50。

1本目 8’05
2本目 7’50
3本目 7’40

久しぶりのインターバルで3本目はきつかった。

トラックを走ると右ふくらはぎを使ってしまう。
コーナーを曲がるときに変な力が入ってるみたい。

もっと力を抜いて体重を乗せて軽く走りたい。

category: ラン

tb: 0   cm: 0

リハビリスイム  

肩の調子が少しよくなってきたので東体へ。

中速コースで肩に負担のかからないフォームを
模索しながらゆっくり泳いだ。

痛みがでるのはプッシュの時。
特にひじが外側にあるときにプル・プッシュをすると痛い。

プル・プッシュをひじを外に開かず、手のひらを内側に
かく。つまり、S字プルを大きくしたイメージで泳ぐと負担が少ない感じ。

最後は1分30まであげることができたので良しとしよう。
あせらずゆっくりリハビリだ。

ちなみに東体は8月5日から14日まで水球?の大会のためお休みだそうです。
みなさんお気をつけて。

category: スイム

tb: 0   cm: 0

暑い大井でバテバテ  

アーリーバードの6:30スタート。
それでも暑かった。

2周ずつ交代で先頭を引いたが、みんな気合でガンガン行く。
2回目の先頭を引いたあたりで心拍数が175を超え、手足に痺れがきた。
脱水?熱中症?

ボトル3本がカラになったのでそこでおしまいにした。

夏の大井は暑いね。
たまには峠なんかもいいかも。

category: バイク

tb: 0   cm: 2

2週連続で高尾トレイル  

今週も高尾に行きました。
いいじろ、おっちーの初トレラン組も参加。

今日も景信までのハーフコースでしたが、
初トレラン組が別れてからは本気モードで。
結構追い込みました。

走った後はお約束の高橋屋。
冷やしとろろそばとビール。
最高においしかったね。

20090725131950

category: ラン

tb: 0   cm: 0

スイム復活、肩痛再発  

ゴールデンウィークあたりからスイムをすると肩に痛みが。

6月のジャパンまでだましだましスイムをしていたが、
オフになったので思い切って1ヶ月スイムをやめていた。

今朝1ヶ月ぶりにサニーで泳いでみると意外に泳げた。
が、終わった後、見事に肩痛が再発してしまった。

たまらず夕方、金子先生のところの鍼治療へ。
痛みはだいぶおさまったがこのままではスイム練習ができない。

このまま完治するまでスイムをやめるべきか?
それとも強度を下げて練習をするべきか?

悩むなー。

category: スイム

tb: 0   cm: 2

消化器検診+皆既日食+ガッツトレ  

朝からご飯抜きで消化器検診へ。
バリウム飲んでゲップを我慢してぐるぐる。
下剤飲んで1時間もしたら真っ白いのがでた。

皆既日食の時間はみんなで騒いでいたが結局みれなかったらしい。
上海は見事に日食になったらしい。

夜は皇居ランへ。
3周ビルドアップ。
キロ6分⇒5分⇒4分を目標。

1周目 29:10
2周目 26:15
3周目 21:21

ラスト1周は全力でいったけどベストの2分落ち。
カラダが重ーーーーい。

もう少し絞らなければ来月の沼津は走れない。
がんばろう。

category: ラン

tb: 0   cm: 0

アイアンマンジャパン・ダイジェスト  

五島市映像配信サービスでジャパンのダイジェスト版がありました。

ここをクリック⇒ジャパン

ながピーのスイムアップ、キャメロンの表彰式が写ってます。

category: トライアスロン

tb: 0   cm: 0

3連休のトレ  

アイアンマンジャパンが終わってから約1ヶ月ほぼ完全オフ。
そろそろ疲労も抜け練習モードになってきた。

18日(土) 高尾トレラン(景信までの往復;17km)
19日(日) 大井バイク(105km)+ブリックラン(3.8km)
20日(月) 皇居バイク(21km)+迎賓館ラン(9km)

オフで若干なまっているカラダを目覚めさせるため低強度で。
3日間やってだんだん動いてきた。

まだ肩の痛みが完治せず、スイムは全然やってませんが
今週から復活させようかね。

サニーも1ヶ月以上休んでるし今週から行こうか。

category: トライアスロン

tb: 0   cm: 0

きれいな虹がでた夕方  

夕立が降った後、空一面にでっかい虹が。
こんなにくっきり丸い虹をみたのは初めてかな。

DSC01041_convert_20090719210548.jpg

家のベランダから見えました。

category: ひとり言

tb: 0   cm: 0

Y姉さん 再見!  

同じチームで働いていたY姉さんが昨日で退職した。
姉御肌でみんなから「姉さん」と慕われていた。

東京の下町生まれで中学で木更津へ。
そこでヤンキーに目覚め(当時は「ツッパリ」といっていた)、
18歳で結婚。

その後はトラック野郎のダンナと日本中を転々。
ススキノのホステス時代はNo1に。
離婚後、OLへ転身。

そんな華々しい経歴をひっさげて、2年前にうちの会社に来た。

200907161327000_convert_20090718042939.jpg

面倒見がよく、仕事がよくできたY姉さん。
スタイル抜群で脚がとってもきれいだったY姉さん。

2年間本当にありがとうございました。
またいつでもうちに戻ってきてください。

謝々、再見!


<経歴はフィクションであり、実際の経歴は当然ながら知りません。本人の雰囲気・行動などから「ヤンキーっぽさ」が感じられるため、勝手に想像しちゃいました。ごめんなさい。>

category: ひとり言

tb: 0   cm: 1

送別&歓迎ランチ  

20090717130651
Y姉さんの送別となつみちゃんの歓迎で、丸ビル五階のカサブランカシルクでランチ。

Y姉さんの話は写真付きで改めて。

乞うご期待!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

薩摩「牛の蔵」  

超久しぶりに焼肉に行った。

鹿児島黒毛和牛の店「薩摩 牛の蔵」。

肉が全然違って柔らかくジューシー。

20090717060310


おかげで一夜にして体重1キロ増。

category: 食事

tb: 0   cm: 0

芥川賞受賞は商社マン  

すごいよねー。

今年の芥川賞の磯崎氏は現役の三井物産社員。
しかも自分と同い年。
30くらいから小説を書き始めたらしい。

「仕事が忙しい」というのはやはりただの言い訳。
銀行員でもかつて、小椋圭(シンガーソングライター)や宿沢さん(ラグビー日本代表監督)が仕事と両立させていたしね。

要は自分次第。
まわりにも理解を得られるには、圧倒的な結果を出す必要がある。

いい刺激をもらいました。

category: ひとり言

tb: 0   cm: 0

四川料理とトレーニング論  

20090715065718
10年来の同志達が上海に赴任しており、久しぶりに集まってのんだ。

なせか以前よりシャープになっている。聞くと泳いだり、走ったりしているらしい。

若い女の子だけでなく、おじさんたちも意識が変わってきている。
おいしい四川料理を食べながら9割はトレーニングの話になった。
長続きの秘訣は仲間がいることだと思います。

ぜひ続けて下さい。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

上海ハニーでトロトロ  

今日から3日間の上海出張。

取引先とのミーティング、市政府へのヒアリングを終えて即マッサージへ。

足裏一時間、全身一時間の計二時間。たっぷりほぐしてもらいました。

富士山の疲れからか肩とクビがガチガチだった。

これで2000円くらいだから中国のマッサージはやめられません。

明日もいっちゃおかな。

それからハタさん。鍼では自分の名前出していただいてかまいませんよ。

よくケアした方がいいと思います。

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

富士山登頂記(その2)  

寝床に入るが狭いし、なかなか寝付けない。
そのうち、頭がガンガンして寒気がしてきた。
そして胃がむかむかして吐きそうな感じになる。

しょうがないので起きて山小屋の支配人にその事を言うと、
「それは高山病だから、まず全部吐いた方がいい。
胃が動いていると余計酸素が使われるから」と言われた。

「...高山病」。

空気が薄いところに行くと、頭が痛くなったり、気分が悪くなったりするということは聞いていた。
しかし自分がなるとは全く思っていなかった。

昨日頂上まで行ったときも多少の息苦しさはあったけど何ともなかった。
心肺機能だって普通の人間よりは結構高いと思う。

本当に気持ちが悪くなってきたので、外のトイレに行く。
「トイレでは吐かないでください」
そう張り紙がしてあったので、トイレの後ろまで行って吐いた。

寝床に入ってみるが余計に頭が痛くなる。気分もさらに悪くなる。
1時間くらい苦しんでいたがもう一度吐きにいった。
カレーの味がした。

全部吐いたら多少は楽になったがとても寝付けない。
そうこうしている内に1時になりみんな起きだす。
頂上まで行くのはとても無理。

一緒に来ている仲間には高山病なのでこのまま寝ていることを伝え行ってもらった。
まさかご来光ツアーにきて頂上に見にいけないとは思わなかった。

2時間ほど寝ただろうか。
この山小屋からでもご来光が見られるということで頂上まで行かない人が起きだした。
4時過ぎ、まだ直っていないが自分も起きてご来光を待った。
ものすごく外は寒い

そして4時30分頃、太陽が昇った。
やはりなかなか感動的。
頂上でみられなかったのは残念だけど、やはり来てよかった。

DSC01025_convert_20090713053315.jpg
DSC01029_convert_20090713053451.jpg


6時頃仲間が帰ってきたが、みんな疲れてぐったりしている。
寒さと渋滞でかなり疲れたらしい。
この頃になり、ようやく自分も回復してきた。

朝ごはんに弁当を食べ、7時には下山開始。
すごい人数が山を下りている。

DSC01030_convert_20090713053718.jpg
DSC01032_convert_20090713053929.jpg
DSC01031_convert_20090713054054.jpg


結局下りは2時間くらいで順調に五合目まで帰ってきた。
DSC01033_convert_20090713054305.jpg

富士山は意外に手ごわくみんなヘトヘト。
でもやっぱりおもしろい。

山開きから前日までは毎日雨だったという。
天気には恵まれたしご来光も拝めた。
高山病も味わえたし。

一度は行ってみる価値のある富士登山でした。

DSC01037_convert_20090713055610.jpg

(終わり)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 2

富士山登頂記(その1)  

朝7時30分の新宿西口は山登りの格好をした人達でごった返し。
富士山だけではないが、こんなに山登りツアーが人気とは思わなかった。

特に若い女性が多いのにはびっくり。
ジョギングだけではなく山登りも多くなってるんだね。

DSC00992_convert_20090712190724.jpg

割とスムーズにバスは五合目まで。
昼ごはんを食べて11;30頃登山開始。
雨が心配されていたが天気はよかった。

DSC00995_convert_20090712191213.jpg


六合目、七合目と順調に登っていく。
だんだん空気が薄くなっていくのか息苦しくなってきた。

DSC00998_convert_20090712191455.jpg

今回は八合目の山小屋に泊まり、翌朝頂上まで行ってご来光をみる計画。
でも予想以上にハイペースで登れているので、3時半頃には山小屋に着く見込み。
それではと自分とU君でアタック隊として初日に頂上まで行ってみることにした。

DSC01006_convert_20090712192502.jpg


九合目を過ぎるとかなり息苦しい。
「富士登山走に出る人間はやはりおかしい」などと思いながら頂上を目指す。

DSC01010_convert_20090712192707.jpg

そして頂上到着!
雲海が広がるのを見下ろすのはすっかりアルピニストの気分。

DSC01016_convert_20090712192829.jpg

頂上でお守りを買った後、山小屋「トモエ屋」まで下る。
山小屋は思った以上に人が多く、小さなひとつの布団に二人が寝るという感じ。
当然隣の人とはぴったりくっついてしまう。

DSC01020_convert_20090712193801.jpg


とりあえず晩御飯にハンバーグカレーを食べ、翌朝の弁当を受け取り明日の準備。
明日は1時起床、2時アタック開始予定。
ヘッドライトも確認しみんな早めに寝床に入る。

DSC01019_convert_20090712193936.jpg


この時は、そのあとに起きる悲劇を夢にも思わなかった…。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

頂上  

20090711163331
最高!

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

これから富士山登山開始です  

20090711113254
天気も良くなったし楽しみです。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

会社の後輩たちと皇居でラン練  

昨日はかねてから計画していたランの練習会。

初めて皇居を走るのもいるので準備運動やストレッチ、
フォームなどを教えた後、みんなで1周走った。

自分が走り始めた4年前は会社で走っている人間はほとんどいなかったので、
変わり者扱いされていたのだが、今はたくさんいる。

初めて1年未満の人間が多いのでやる気満々。
こっちも新鮮な気持ちになる。

今度は山でトレランに行こう。

category: ラン

tb: 0   cm: 0

夜風がとても気持ちいい日  

1ヶ月ぶりくらいにリスタート練へ。
メニューは400mのインターバル。

純子コーチよりアイアンマン明けなので5~7本で無理せずにとのご指示。
88秒~83秒くらいで余裕もって6本で終わった。


終わった後の夜風が火照った体に気持ちよかった。

1分、1秒を縮めるためのガッツ練ももちろん必要だけど、
こんな感じで気持ちよい練習も大切だなー。

終わった後、なおコーチより股関節の使い方がよくなったとの
お褒めの言葉をいただいた。

少しはよくなってきてるかな。

category: ラン

tb: 0   cm: 0

そろそろ今後の計画を  

ジャパンが終わってから2週間は完全休養。
7月にも入ったことだし計画だけでも立てておこうかと。

とりあえず今申し込んでいるレースは以下の3つ。

8月2日 沼津トライアスロン駅伝(スプリント)⇒MASAさん、タケちゃんとチームアップ

8月30日 北海道マラソン(フル)⇒半分帰省がてら

11月8日 湘南国際マラソン(フル)⇒今年の目玉マラソン


今年は3年連続出ていた佐渡にも銚子のショートにもでない。
ハセツネへの情熱もなく申し込んでいない。

でもトレランのレースにでもひとつくらいは出たいな。
何かいいレースありますか?

高尾天狗山あたりか?

category: ひとり言

tb: 0   cm: 1

蒸し暑いときはやっぱりタイ料理がいいかも  

久々の大井でリカバリーライドした後、飯田橋の「ティーヌン」というタイ屋台料理屋へ。

本当は「西安」という刀削麺の店に行ったが日曜は休みだった。
(ここのマーラー麺は最高!)


20090705183437
<ピリ辛豚しゃぶ>

20090705183434
<トムヤンクン>

20090705183432
<ガパオ>

20090705183430
<タイビーフン>

今日みたいな蒸し暑い日は南国料理が本当にうまい。
東京も熱帯化しているからね。

腹いっぱい食べました。

category: 食事

tb: 0   cm: 0

久々の再会はおもしろいよね  

NY時代に同じチームで仕事していたYさんとKK君。

「証券化」や「クレジットデリバティブ」という今では諸悪の根源といわれるプロダクツを一緒にやっていた仲間。もちろん当時は金融最先端の花形ビジネス。

帰国後、Yさんは国際企画部署の金融庁担当に、KK君は弁護士を目指して法科大学院に行くために休職、そして自分は中国ビジネスのコンサルタントになった。

そのKK君が司法試験を終えて会社に復職ということで何年かぶりに3人で飯をたべた。


NY時代の同僚たちはその後ほとんど外資系金融機関へ転職。「この激動の金融危機でみんなどうしているのだろうか」ということが話題になった。

次にわれわれ3人の上司だった「Kさん」(名前が難しいので、本当にアメリカ人からも「Kさん」て呼ばれていた)の話題へと移っていった。

Kさんはいつ外資に引き抜かれてもおかしくない優秀な人間だったが、なぜか全くいこうとしなかった。まるで今の金融危機を予想していたかのように、カネにもポストにもあまり執着せず、「今のままでNYで働くこと」が「人生の目的」「仕事のインセンティブ」になっていた。

そして20年くらい単身赴任でNY生活を楽しんでいた。


その後、本社に戻って役員となり会社を卒業したが、今、転籍先の会社でまたNY生活を楽しんでいるらしい。

赤いカマロに乗って制限速度をきっちり守って走っていたらしいKさん。
部下が予定を記入するスケジュール帳に「土曜日海」と書いてしまうKさん。
本当に自由人だった。


3人が集まると必ずKさんの話で盛り上がってしまう。
「やっぱりKさんの生き方が一番かも」というのがその日の結論でした。

category: ひとり言

tb: 0   cm: 0

特に何もない日  

今日は久しぶりに特別の日だったかもしれない。

普通の平日の一日だったけど、特に何もなかったような気がする。

もちろん仕事では社内のミーティング、取引先との面談、仕事が帰りに買い物とあったけど、決して主体的に動いたことではない。

思えばいつもその日に何をするのかを事前にチェックしたり考えたりしながら、それを完了させるために(より効率的に)主体的能動的に動くのが当たり前。

なぜか今日はそれがなかった。
ただ流れていったって感じ。

それはそれでいいのかも。
たまにはね。たまには。


オフのひとときでした。


DSC00405_convert_20090701202745.jpg
<ヒーリングタイム(2007年ワイキキの夕焼け)>

category: ひとり言

tb: 0   cm: 0

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。