The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

10/29のツイートまとめ  

purikin

大阪マラソン会場ひとであふれている。うまいもの市場と称して食べ物屋があるがどこも行列。たどり着かない。
10-29 13:45

大阪到着。さっそくたこ焼き。安くてうまい!
10-29 12:17

スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

朝サニー  

朝はサニーでスイム。

いよいよ2012年シーズンに向けて本格稼働。
レース後ほとんど泳いでなかったけどまずまず泳げた。


日曜日の大阪マラソンは雨予報。
降らなきゃいいけどなー。


スイム・・・4km(サニー:1時間30分)

category: スイム

tb: 0   cm: 0

10/24のツイートまとめ  

purikin

北京で北京ダック。ほとんどひとりで一羽食べてしまった。食い過ぎた。
10-24 22:17

これから北京出張。コナに行く時のワクワク感とは違い気が重い。寒そうだし。
10-24 09:18

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【第6日目】最終日  

【第6日目】2011年10月9日(日)

今日は実質コナ最終日。

朝はMASAさんとスイム会場だった海へ泳ぎに。
泳ぎに来ている選手もいる。
コーヒーをくれる船も岸の近くにいたのでまた飲ませてもらった。

img_978552_56877552_3.jpg

レース前の食事にと用意していた赤飯・もち・味噌汁で軽く朝食。

今日はフィニッシャー限定のグッズが販売されている。
行ってみるとすでに長蛇の列。
しかも炎天下で待っているのはあまりにもツライ。
これは無理と判断して帰ってきた。

その代わりにレースの写真がUSBに入って99ドルで販売していた。
記念に購入。

Tante’sで昼食。
アンガスビーフのハンバーガーがSpecial Priceで5ドル。
おいしかった。

今日はウクレレのおばさんはいなかった。
コナの穏やかな風に吹かれ海を眺めながら食事するのは本当に気持ちがいい。

午後はチームメンバーとドトールのコーヒー園へ。
2003年に植樹したコーヒーの木を見に行く。

306475_174479875969683_100002230164276_363627_42019842_n.jpg

エリカ様が結婚パーティーしたところ。

320569_272826689424650_100000919635416_822793_1848657055_n.jpg

実は何回か枯れて植えかえられているらしい。

298990_172063012879329_100002268947195_371323_569444839_n.jpg



夜はアウォードパーティー。

14来年~1

日本の震災を心配してくれている心やさしいおばさんもいた。

2震災_~1

エイジの5位までの入賞者が表彰される。
日本人は70代後半の小島さんが1位。
来年のハワイをすでにGet。
うらやましい。

続いてプロ選手。
女子は優勝者クリッシーがスピーチ。

印象的だったのはリストバンドに書いたという2つの言葉。
・Smile!
・Never Ever Give Up!

男子はアレクサンダー。
情熱的に10分以上スピーチしていたクリッシーと違い、淡々とスピーチしていた。
何を話したか覚えていない。

優勝者は指輪がもらえる。

DSC00140_convert_20111022064025.jpg

チームメンバーで記念撮影。
応援ありがとうございました。

13みん~1

ビールも飲み放題でたっぷり飲んだ。

パーティーが終わったあとも飲み足りなく、ボスとChieさんを引き入れて部屋飲み。
トラ談義に花を咲かせた。

306394_172108436208120_100002268947195_371432_2121967752_s.jpg

こうして至福のコナ1週間は終わった。

308531_161824360575454_100002436731283_312159_669245034_n.jpg

ここまで大勢の仲間に支えられてここまでやってきました。
そして本物の感動をもらうことができました。

素晴らしい体験でした。
さらに成長してふたたびこのレースに参加したいと強く思いました。

また一からがんばります。
応援本当にありがとうございました。

DSC00127_convert_20111022064521.jpg


(完)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【RACE DAY】 レース後  

【RACE DAY】 レース後

ゴールするとすぐにひとりひとりお世話係がついてくれる。
まず何がしたいかと聞かれ「マッサージ」と伝える。
ところがすでに長蛇の列。

10時間台で帰ってきても、もう830名がゴールしている。
とてもこの列に並ぶ気にならなかった。

しょうがないのでフィニッシャーTシャツとメダルをもらいに行く。
食べ物もほとんどない。
追加のピザはまだしばらく来ないらしい。

しょうがないのでアイスクリームを食べた。
すごくおいしかった。

プレスイムバックを受け取りホテルへ戻る。
シャワーを浴びチームメンバーの応援している場所へ向かう。

307371_174479279303076_100002230164276_363616_2050114157_n.jpg

MASAさんは無事ゴールしたと聞いて安心した。
あとはリョーコだけ。
やっとエナジーラボを出たとの情報。

ここで道路に応援メッセージ(名前)を書いていたことを教えてもらう。
素晴らしい。
でもレース中は全く気付かなかった。すいません。

311338_171513522934278_100002268947195_369158_1214018923_n.jpg

シバゴンがパニーニ(?)を買って来てくれた。
おいしかった。

1時間以上してようやくリョーコが帰ってきた。
疲労困憊の顔をしている。
チームY全員完走。
良かった、良かった。

その後みんなで食事。
自分はあまり食欲がなかったのでビールだけにしておいた。

IMG_1166.jpg

バイクとギアをピックアップしホテルへ。
少し休んで11時過ぎに最後の1時間のフィニッシャーを応援に行く。

この時間に帰ってくる選手はあまりいない。
だからこそこの時間に帰ってくる選手は大きな拍手と声援で迎えられる。感動の瞬間。

総括_1~1

最後の方になると70歳代そして80歳代が帰ってくる。
「You are an “IRONMAN”」と称えられる選手たち。
素晴らしい光景がここにあった。

レースに参加した選手や応援の人達がほとんど来ていると思われるほどたくさんいる。

DSC00126_convert_20111021185103.jpg

12:00になり長いレースが終わった。
最後の選手に入ってきた女性選手は数秒タイムオーバー。
残念ながらフィニッシャーに名前はなかった。

この日の終わりは優勝したチームY名誉メンバー“アレクサンダー”とゴールゲートで記念撮影。

ALE~1

とうとう今年のレースが終わってしまった。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【RACE DAY】RUN編  

【RACE DAY】RUN編

バイクから降りると右足アキレス腱が痛い。いままでここが痛くなったことはなかったので心配になる。ペダリングの問題か。しょうがないので我慢して走る。ランになってチームY応援団の声援を受ける。やはり力が湧いてくる。

3金山~1

Arii Driveのランコースもおなじみだ。きれいな海岸線を走る。脚が回復してきた。MASAさんがつらそうに走っている。全くいつもの走りではない。再び先に行かせてもらう。強豪エイジのゴーイチ君、コーゾー君をパス。両方とも体調が悪いのか全然走れていない。

012_convert_20111021065157.jpg

Arii Driveを折り返するすぐにRIKIさんとすれ違う。もう5分も差がない。どこまで逃げ切れるか。ランに入って脚の疲労・痛みも回復し、キロ5分前後で順調に走れている。このまま最後までいければ3時間30分くらいで走れるかもしれない。Arii Driveを抜け再びQueen Kに出る。

とにかく暑い。湿気は少ないがじりじり暑い。水をかぶりなるべく体温を冷やす。エイドしか人もいない単調な道をひたすら走る。ミリンダとすれ違う。相変わらず飛ぶような素晴らしい走りを見せている。間近で見られてうれしい。リエトがまたヘロヘロと走っている。またランでつぶれたようだ。

ハーフを過ぎ25kmあたりから脚が動かなくなってくる。エナジーラボの手前でついにRIKIさんにパスされる。エナジーラボに入り海に向かって坂を下ると強豪エイジのYさんが歩いていた。脚が痛そう。自分も歩きたくなるくらい脚が疲労してきた。

KAN20R2.jpg


坂を登りまたQueen Kに入る。この辺りに一番きつく、キロ6分くらいでしか走れていない。エイドごとに全身に水をかぶり、氷をパンツに入れ脚を冷やす。ここからは気合いで走るしかない。

MASAさんもやってきた。かなりつらそう。
リョーコも来た。なんだか楽しそう。

残り5km。この辺りまで来ると「あー、もうすぐ終わるんだなー」という気分になった。この溶岩大地の光景をしっかり目に焼き付けたいと思った。大塚さんがQueen Kにひとりでいた。あとから聞いたが、ここまで歩いてきたとの事。ハイタッチしてゴールに向かう。

コナの街に帰ってきてゴールへと続く道を走る。チームYメンバーも待っていてくれた。最後の花道。両側に出場国の国旗が立てられ、大勢の観衆が大拍手で迎えてくれる。

311766_161630130594877_100002436731283_311603_451496312_n.jpg

そしてゴールゲート。
「Yoshihisa Kanayama, You are an Ironman!」

303889_161630220594868_100002436731283_311605_1317134892_n.jpg

感極まって涙があふれてきた。
夢にまでみたシーンの中に自分がいる。

KAN20G.jpg

ラン:3時間46分06秒
全体:10時間39分46秒(年代別:98位、総合831位)


(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【RACE DAY】 バイク編  

【RACE DAY】 バイク編

ホースで水をかぶり、バックを受け取りテントへ。バイクシューズを履き長いトランジッションエリアを走る。MASAさんがちょうどバイクを出すところだった。タイム差はほとんどないのでいい感じか。いよいよバイクコースに出ていく。

005_convert_20111020172106.jpg

出発してすぐは顔見世的にコナの街を走る。チームY応援団も大声で応援してくれた。やはり仲間の応援は力が湧いてくる。Palani通りの急坂を登り、いよいよQueen Kハイウェイへ。

このQueen Kを走ることをどれだけ夢見たことか。
過去の大会のDVDを何度も何度も観たし、ハワイに出た強豪達からいろんな話を聞いてきた。いまそのQueen Kを走っていると思うだけでうれしくてしょうがなかった。

031.jpg

最近のレースではバイク時の腹痛に悩まされてきた。今年のコリアではあまりの苦しさにバイクを降りて休んだくらいだった。朝食時に「正露丸(糖衣錠)」を飲んできたが、念のためにここでもう一度服用した。糖衣錠だったので正露丸臭さもあまりなく、結局腹痛は起きなかった。大正解か。

バイクに入ってからMASAさんが前にいるのが見えたのでその後を追った。ハワイ6回目の大ベテランなので同じようなペースで走るが得策。特に「序盤は抑えるようにした方が良い」とのアドバイスを受けていたので、無理をせずに走った。

047.jpg

そしたらいきなりMASAさんがもどしていた。2007年のノーマンのようだった。体調が悪そうだったので「大丈夫ですか?」と声をかけた。相当つらそうだったので先を行かせてもらった。

周りにはどんどん抜かれていく。日本人はどんどん抜かれると聞いていたので気にせずマイペースで走った。快晴で肌がじりじり焼けてくる。エイドごとに水を浴び、脱水に気をつけてスポーツドリンクをこまめにとった。

023.jpg

今回の補給は「ハニースティンガー」を10本ボトルに入れた。これは化学的な味があまりせず結構良かった。後半になっても飽きることなく飲むことができた。エイドにバナナがあるので固形物はほとんど持たなかった(コンビニようかんを1本のみ)。あとは「ここでジョミ」2本と「練り梅チューブ」を2本。「アミノバイタルプロ」を3本。

アップダウンが続くQueen Kをまずまず順調に走る。40マイル地点Kawaihaeで大塚さんをはじめとするプレス陣が撮影していた。元気に手を振り通過。

KAN20B1.jpg

意外に風がない。あとになって「2011年のレースは全く風が吹かなかった」といわれるのはさびしいので「コナウィンドを体験したい」と思っていたら、Hawi手前の坂で強烈なのが来た。ただでさえ登りなのに真向かい風、どアゲンスト。しかも長い。ゴミもとんでくる。

307942_161619883929235_100002436731283_311427_965107558_n.jpg

このあたりでMASAさんに先行される。体調が悪くても自分より速い。それにしてもどんどん抜かれる。この風の中、女子選手や60代くらいと思われる選手にも抜かれる。ようやくHawiの折り返し。長かった。

折り返して少しするとRIKIさんとすれ違う。差は10分ないくらいか。ここから脚がきつくなってきた。フラットにみえて結構アップダウンがある。後半は向かい風が多くなる。やっぱりハワイのコースは甘くない。コースが単調なだけに余計長く感じる。

我慢の走りを続ける。心拍数も130台に落ち始める。とにかくキツイ。集中力が切れ始めどんどんスローダウンしていく。太郎さんをパス。調子が悪そうだ。ようやく空港がみえてきた。こんな地平線がみえる地形はなかなかないと思いながら最後の踏ん張り。トップ選手たちがランでQueen Kに来ている。ラエラート、アルサルタンの姿が見えた。

298710_161617767262780_100002436731283_311396_2030248612_n.jpg


Sport Authorityの角を右折。長い長い我慢のバイクコースが終了した。

バイク:5時間39分51秒 (年代別:116位、総合:968位)
T2:BIKE TO RUN 3分8秒

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【RACE DAY】スイム編  

【RACE DAY】スイム編

2011年10月8日土曜日。
ついにこの日”Big Saturday”がやってきた。

トライアスロンを始めて5年目。
本格的にハワイを目指して3年目。

ハワイの壁はあまりに高く、何度も跳ね返された。

2009年
2月 アイアンマン・マレーシア 体調不良とホイール破損により撃沈
4月 アイアンマン・チャイナ あと1分差でスロットに届かず
6月 アイアンマン・ジャパン パンクと連戦の疲れで撃沈

2010年
3月 アイアンマン・チャイナ 脚の故障により出場できず
7月 アイアンマン・コリア ジャパンが中止になり強豪多数参加。歯が立たず
8月 アイアンマン・カナダ 腹痛と寒さで動けなくなり自己ワースト

2011年
7月 アイアンマン・コリア スロット獲得

ようやく夢の舞台へ参加できるキップを手に入れた。
そして今日はその夢をかなえる日となる。




朝3時起床
昨晩は9時ごろには寝ることができたので睡眠は十分。
外に出て軽く準備運動とジョグ。
星が輝いている。今日は晴れだ。暑くなるかもしれない。

3時30分朝食
日本から持参したうどんとモチ、味噌汁、カステラのいつものメニュー。
ハワイへ来てからやや食べ過ぎ感があり、あまり食欲もなかったので無理に食べなかった。

4時30分
いったんナンバリングとバイクのセッティングに出発。タイミングチップがなかったためトランジッションエリアに入れず出直し。タイヤに空気を入れ、ボトルを2本セット、練り梅2本をトップチューブにくくりつける。ヘルメットとサングラスをセットし、もう一度トランジッションの長いコースを確認。
準備完了。

いったんホテルに戻りスイムの準備。ワセリンを体に、ゴーグルに曇り止めを塗る。Blueseventy PZ3TXを着こむ。

5時30分
ホテル出発。プレスイムバックを預け、トランジッションエリアで待機。

エリートのスタートはエイジより30分早い6時30分。6時過ぎからはエリート選手がスイムチェックインを開始。

アメリカ国歌斉唱。厳粛なムードに包まれるとともに、歌の最後には盛り上がる。アメリカ国歌は歌っている人、聞いている人を奮い立たせる。

6時30分
キャノン砲とともにエリート選手がスタート。

エイジ選手がスイムチェックイン開始。偶然にもチームYの4名がそろうことができた。やはりチームメンバーがいることは心強い。

011.jpg
Y20S1.jpg
2383.jpg

6時50分
フローティングスタートのため泳ぎ始める。スタートまでの10分間は立ち泳ぎ。ブイ側の最短コースは激しいバトルが懸念されたため、外側へ行く。今年は「海に浮いているフォード車」のさらに外側に多数いたので自分もそこに陣取る。海水で多少浮くとはいえ10分の立ち泳ぎは楽ではない。だんだんつま先がつりそうになってきた。

028_convert_20111020060809.jpg

7時00分
再度キャノン砲でエイジスタート。いよいよ今日のレースが始まった。

026_convert_20111020060448.jpg


スタートはやはり混んでいるのでぶつかったりするが、思っていたほどのバトルはない。まわりは人だらけなのだが、みんな泳ぎがうまいのでちゃんとまっすぐ泳いでいる。あまりのひとの多さに前のブイと沖にある船が全く見えない。

027_convert_20111020061122.jpg

さすがにハワイの海はきれいなので海の中は周りがよく見える。ヘッドアップはやめて前の人にコバンザメし自分では確認しないことに腹をくくった。前の人がコースアウトしていたらおしまいだが、ここにいる人達は泳ぎがうまいはずだ。リスクはあるがそれに賭けた。

あまりに人が多いので折り返しのブイがよくわからない。ひたすら前の人の脚についていくだけ。そうしていると朝日がまぶしくなった。右オープンで泳いでいる自分なので、朝日が当たるということは折り返して岸に向かっているとがわかった。

あとはこのまままっすぐ泳ぐだけだ。
右わきの下と腰が擦れてしみる。終わってからわかったが、右わきは擦れだが、腰はくっきり爪の跡が2本付いていた。

水深が浅くなってきたのでヘッドアップしてみると建物が見え始めている。スイムアップまでもうすぐ。ほとんどヘッドアップしていないので首や肩周りの疲労はない。

岸にたどり着き時計をみる。1時間6分。速くはないがノーウェットではこんなものか。とりあえずほとんどダメージ・疲労もなくスイムアップできたことで良しとしよう。

004_convert_20111020061442.jpg

スイム:1時間7分14秒(年代別:62位、総合:688位)
T1:SWIM TO BIKE 3分27秒

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【第4日目】  

【第4日目】2011年10月7日(金)レース前日

朝は昨日からの雨が続いていた。
レース前日なので預託の準備をして過ごす。

晴れたのでホテルのプールでひと泳ぎ(水浴び程度だけど)。

295793_272824639424855_100000919635416_822741_2081837810_n.jpg
お昼はラン丸も合流して4人でメキシカン。

315977_272824789424840_100000919635416_822746_1679801203_n.jpg
タコスおいしかった。

DSC00113_convert_20111019060038.jpg

MASAさんと自分を前にしてもいちゃつくふたり。

DSC_0428.jpg

2時過ぎにバイクとギアを預託へ。
トランジッションのコースを確認。バイクの位置で不公平感が出ないように相当な距離を走ることになる。

299951_272824979424821_100000919635416_822751_1642845105_n.jpg
ボスとChieさんは朝からずっとバイクの撮影会。

CerveloオーナーなのでTシャツをもらった。

夜は大応援団とともに夕食。
レース前夜でお酒は止めておとなしくパスタを食べる。

316148_174478125969858_100002230164276_363598_49338321_n.jpg

シーフードパスタはホタテがいっぱい入っていておいしかった。

DSC00119_convert_20111019061047.jpg

早目に寝るため8時にはホテルへ。
さあ、いよいよ明日はレース。

このレースに出るために今までがんばってきた。
まずはぐっすり寝よう。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【第3日目】  

【第3日目】2011年10月6日(木)

今日のメインイベントは「アンダーパンツラン」。
朝8時集合。下着姿のアスリートがみんなで走る。

111006-7.jpg

自分もCW-Xでアルサルタン風にしてみた。

111006-3.jpg

日本男子軍団は「ふんどし姿」で義捐金を募集。

111006-5.jpg

一番目立っていた美女軍団。腹筋がスゴイ!

111006-4.jpg

ブラジル美女もスゴイ腹筋。

DSC00105_convert_20111018200451.jpg

あっという間に終わっちゃたけどすごく楽しかった。
今度出る機会があれば仮装かな。





その後はリョーコも合流して空港までバイク試走。
Queen Kの始めは追い風、下りなのでびゅんびゅん行ける。
50km/hくらいまで出る。ということは、帰りは相当シンドイはずだ。

306452_272824032758249_100000919635416_822721_2091164103_n.jpg

空港で記念写真。

なんだかリアのホイールから擦れる音がする。ブレーキシューでもなさそうなので原因がわからなかった(結局レース中もずっと擦っていた。帰国してからポラールのパワーメーター用のセンサーが擦っていることがわかった)。



昼からは“神様”マーク・アレンとのご対面。LUMINAの取材でチームメイトのRIKIさんが通訳。その取材が終わった後、記念撮影をさせてもらうというもの。

297994_174476902636647_100002230164276_363577_1278164980_n.jpg

マーク・アレンは現役の頃とは違いすっかり枯れた淡々とした感じ。スピリチュアルの世界に生きているらしいので、それもいいかも。

アレン~2


夜はカーボパーティ。噂通り料理はイマイチ。アルコール類もなし。

DSC00109_convert_20111018201629.jpg
DSC00111_convert_20111018202415.jpg
DSC00110_convert_20111018201835.jpg

「初出場、Stand up!」

IMG_1023.jpg


順調に進んでいたが、最後の最後に土砂降り。みんな逃げ帰ったので途中で終わっちゃったよ。

その後予定されていた「競技説明会(英語)」はどうしたんだろう。
3日目はこれで終了。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【第2日目】  

【第2日目】2011年10月5日(水)

2日目の朝は試泳からスタート。カイルア・ピアに7時行く。まだ水曜日だというのにかなりの選手たちが試泳している。(リョーコは寝坊で参加せず)

DSC00082_convert_20111018054313.jpg

海は穏やかで冷たくない。沖まで泳いでお約束のコーヒーをいただいた。

朝食はコナシーサイドホテルにあるTante’sでハワイアンを聞きながら。穏やかな風が吹く中気持ちいい時間を過ごす。

DSC00087_convert_20111018054721.jpg
DSC00088_convert_20111018054936.jpg

続いてArii Driveへバイクの試走。行先はSt. Peter’s By The Sea Catholic Church(通称「ブルーチャーチ」)。2007年にタケちゃんが結婚した時にここで式をあげていた。みんなでレースの無事を祈る。

111005-3.jpg
DSC00089_convert_20111018055354.jpg

帰り道はスポンサーのいろんなブースを見ながら帰る。Commerzbankの揃いのシャツを着たご一行がお茶を飲んでいた。良く見るとその中に“あの”ノーマン・スタッドラーがいた。仲間と談笑していたので、タイミング見計らって写真をお願いすると気さくに応じてくれた。MASAさんも大興奮。なんせノーマンが乗っていたカリバーを買うくらいだからね(といって自分もKueen-K買っちゃったけど)。

DSC00091_convert_20111018055617.jpg

別のブースでは昨年女子優勝者のミリンダがサイン会をしていた。

DSC00096_convert_20111018060420.jpg

午後からは日本人用の競技説明会。ウィットさんが司会。相変わらずかなり適当。まあ「Athlete Guide」にしっかりルール等が書かれているのでそれを読むことにする。

111005-10.jpg

その後、キンカメ前でメイストーム大西さん達が何やら騒いでいる。聞いてみるとエキスポでマーク・アレンとデイブ・スコットがサイン会をしているらしい。すぐ行ってみるとスタッフが自分たちの前で「もう終わりだ」と言い出す。それで引き下がるわけには行かない。かなり強引に交渉して何とか最後に両名にサインをしてもらった。

DSC00098_convert_20111018060736.jpg

デイブから「レースではどのくらいのタイムを目指しているのか」と聞かれたので「10時間」と答えたら「じゃ9時間58分だな」と言って「9:58 Good Luck!」と書いてもらった。これには大感激!オーラがびんびん!

DSC00150_convert_20111018060940.jpg

夜はYボス、Chieさん、Lumina村山編集長とKona Breweryへ。地ビールとピザで腹ごしらえ。日本人アスリート多数参加。ここもお約束プレイスだね。

305462_272823726091613_100000919635416_822710_409757188_n.jpg
あまりに楽しくて「竜宮城にいるようだ」と言ってみんなに笑われた。
毎日が楽しすぎる。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【第1日目】  

【第1日目】2011年10月4日(火)

こんなにワクワクした旅支度は今までなかった。

これまでのIronmanレースはハワイのスロットを獲得するための戦いの場。旅行気分というのは程遠い。しかし、今回はそのハワイへ出場する旅。楽しくてしょうがない。

19:45成田発のJAL便。3時半には家を出て4時のスカイライナーで成田へ。5時には到着。ヤマト便で送っていたバイクケースをピックアップしチェックイン。その際、サイズオーバーで15,000円、重量オーバーで6,000円のチャージを取られる。きびしいよJAL。

リョーコ、MASAさんも到着。ボスも一緒の便ではないがもう来ている。今回はホスピタリティツアーを利用したのだが、火曜日出発は我々3名のみ。あとは明日出発とのこと。みんなパレードには参加しないらしい(と、いうよりは仕事で行けないというのが正しいか)。

DSC00035_convert_20111017200213.jpg

4人でお茶を飲み19:00過ぎには搭乗。飛行機に乗ってからはたぶん寝ていたと思われあまり覚えていない。あっという間にホノルルに着いた感じ。虹が出ていた。空港で軽く朝食。コナ行きの小型機に乗り込む。そうして聖地コナへ着いた。

DSC00039_convert_20111017195814.jpg

津川さんのレンタカーに乗り込みホテルを目指す。初めて目にするQueen Kハイウェイ。溶岩大地。それだけでもううれしくなってきた。

まずはキングカメハメハホテルで選手登録。ゼッケン他レースグッズをもらう。ゼッケンにはファーストネームが書いてある。オレンジ色のIDリストバンドには「KONA ATHLETE」の文字。ハワイのレースに出る実感がわいてくる。

DSC00045_convert_20111017200429.jpg
DSC00049_convert_20111017200705.jpg

本日のメインイベントは17時からのパレード。それまではやや時間があったので津川さんのレンタカーでドライブ。Kona Mountain Coffeeでコナコーヒーを試飲。

DSC00057_convert_20111017200931.jpg

その後砂浜のビーチに。そうしているうちにパレードの時間となった。

DSC00062_convert_20111017201235.jpg

日本人選手はあまり多くなかったが、シーポ田中さんが「(インチキくさい)相撲取り」、西内プロが「着物姿」だったので相当目立っていた。チームY4名はイエロージャージで正装。

111004-7.jpg

ナターシャ・バドマンがクラッシックカーで登場。

DSC00067_convert_20111017201827.jpg

「Japanチーム」は目立っていたのか、翌日の地元新聞「West Hawaii Today」にけっこう大きく取り上げられた。

新聞_1~1

エキスポ会場まででパレードは終了したので、そのままエキスポ見学。入っていきなり2005年ワールドチャンピオンのファリス・アルサンタンがいた。写真をお願いすると気持ちよく応じてくれた。背は高いが意外に細い。レースの三角パンツ姿ではないがカッコ良かった。

DSC00074_convert_20111017202208.jpg

夕食はボス、MASAさん、リョーコの4名で「THE FISH HOPPER」へ。ハワイへ来たらまずステーキが食べたかったので、即オーダー。500g以上はあるステーキが出ていた。味も良くおいしかった。

111004-10.jpg
DSC00078_convert_20111017202611.jpg

夕食でビールとワインを飲み、ご機嫌でコナの1日目が終わった。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

10/16のツイートまとめ  

purikin

制限時間の3時間を過ぎてもかみさん帰らず。もちろんハーフ。
10-16 13:36

かみさんの応援でタートルマラソンに。あまりの人の多さに唖然!いったい何万人!
10-16 10:09

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

10/13のツイートまとめ  

purikin

浜松到着。今回の出張もうなぎ食べられず。残念!
10-13 13:59

11連休したあと久しぶりに仕事に行ったら疲れがどっと出た。 しんどい。
10-13 04:07

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

応援ありがとうございました。  

遅くなりましたが、ハワイから無事帰国しました。

応援いただき本当にありがとうございました。
ついに夢の舞台に立つことができ感激しました。

すばらしい仲間に知り合う事ができ
ここまで来ることができました。

また行きたいと思っています。
引き続き応援よろしくお願いします。

参戦記はおってアップさせていただきます。


【2011 Ford Ironman World Championship】

October 8,Saturday,2011

Yoshihisa Kanayama #702

Swim 3.8km 1:07:14 (年代別: 62位 / 総合:688位)
Bike 180.2km 5:39:51 (年代別:116位 / 総合:968位)
Run 42.2km 3:46:06 (年代別: 98位 / 総合:831位)
-------------------------------------------------
Total 10:39:46 (年代別: 98位 / 総合:831位)

T1: SWIM-TO-BIKE 3:27
T2: BIKE-TO-RUN 3:08

018_convert_20111013045644.jpg

category: トライアスロン

tb: 0   cm: 0

10/11のツイートまとめ  

purikin

ついにコナを離れる時がきた。人生最高の一週間でした。また必ず来たい!
10-11 01:33

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

10/06のツイートまとめ  

purikin

今日会って話をしたヒト。マークアレン、デイブスコット、ノーマンスタッドラー、ミリンダ。全員ワールドチャンピオン。
10-06 11:31

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

10/05のツイートまとめ  

purikin

ステーキうまかった!アメリカはステーキが一番。
10-05 15:26

パレード面白すぎる!シーポ田中さん絶対大相撲協会からクレームが来るはず!
10-05 15:24

聖地コナ到着!うれしい!暑い!
10-05 06:00

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

10/04のツイートまとめ  

purikin

オーバーチャージ21000円!シーコンのオーバーサイズだけで15000円だって。JALたけーよ!
10-04 17:40

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

荷造り完了  

荷造りをしてバイクも発送。

いよいよ出発まで2日。

ラン・・・6Km
スイム・・・1Km

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ついに19分切ったぜ!  

今朝はレース1週間前の自称ミニ・ターミネーター。
バイクで皇居3周の後、ラン1周。

バイク全力で行った後、ランでどれだけタイムが
だせるかが調子のバロメーター。

この前のコリア前はラン19'07”。
これが今までのベスト。

そして今日は18'45”。
ついに皇居で19分を切った!!!

スピード練習してないけど少しずつ速くなってきた。
いい感じだ。

20111001 hawaii underwearrun
ハワイのアンダーウェアランはこれで走ろうと思います!
(日本が誇るワコール「CW-X」のパンツ)


バイク・・・21km(皇居3周+往復:1時間)
ラン ・・・ 5km(皇居1周:18分45秒)
スイム・・・ 1km(東体ほぐし:30分)

category: トライアスロン

tb: 0   cm: 0

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。