The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

第2日目 メルボルン到着~選手登録  

3月22日(第2日目)

3時間ほど眠れたので思ったより早くゴールドコーストに到着。
DSC00215_convert_20120402045102.jpg

そこからはトランジットの時間が2時間しかないので時間との勝負。前日のうちに同じ便で来ていたMOROさんが食べ物を申告しなかったら持ち物全部調べられて警告書をもらい、挙句の果て飛行機に乗り遅れたと言っていた。

税関では「何の食べ物を持っているんだ?見せろ」と言われたので、正直にカップうどん・ご飯・補給食の数々を見せると「OK!」と簡単に通してくれた。キティは自分でつくってきたらしい「生おにぎり」まで持参していたが大丈夫だった。食べ物を持っていると申告すれば、肉とか種とかでなければ大丈夫のようだ。
DSC00213_convert_20120402050517.jpg

2人とも税関を無事突破し国内線へ乗り換え。これも長蛇の列だったが何とか時間内にチェックインできた。唯一の失敗が手荷物のバックにアーレンキーを入れてしまっていたこと。すっかり忘れていたが見つかって没収。まあ、しょうがない。ゴールドコーストからメルボルンまでは2時間くらい。朝6時(サマータイムなので日本より2時間早い)にメルボルン到着。

空港に着いて荷物を待つ。バイクを入れたケース(シーコン)が横倒しになっている。いやな予感がしながらピックアップするとキャスターがひとつ取れてなくなっている。したがってうまくバランスが取れず動かすのが大変。中身が大丈夫か不安になったが、ここでチェックするわけにもいかない。やはり海外遠征はトラブルがつきもの。

空港から宿までバス(Frankston and Peninsula Airport Shuttle)を予約していたのでバス停を探す。ようやく見つけて行ってみるとほぼ最後の乗客。荷物を積もうとするとバスの後ろに牽引している荷物用のカート(?)はほぼ一杯。しかしながら運転手はその上にバイクケースを積み込んだ。先に行ったら下の方に積まれていたのでラッキーだったかな。

今回はQuest St Kilda Roadという宿に宿泊。Crest On Barklyというホテルがバス停の最寄りだが、空港からそこまで約30分。長い移動だったが、ようやく宿に着いた。
DSC00217_convert_20120402045842.jpg
まずバイクを組み立て問題がないことを確認。ちょっとバイクを走らせて状態を確認。そのまま選手登録に行く。今回のトランジッションバックはすごく立派。普通に使えるバックパックとネット状のバック2つ。なかなかカネがかかっている。

6888539210_1b482b4753.jpg
7034651705_6a56bd504d.jpg

宿に戻りみんなと合流。近くのレストランに夕食を食べに。パスタとラム肉を食べその後近くのスーパーへ買い出しに翌日の朝食や水などを買って帰る。レストランが高いのはしょうがないが、スーパーに売っているものも意外に高い。メルボルンは物価が高いみたいだ。
DSC00222_convert_20120402050156.jpg

宿に戻るとすっかり疲れたようで、倒れ込むように眠りについた。

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kueenk.blog86.fc2.com/tb.php/1074-c2391d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。