The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

【参戦記】2013年 Ironman Japan バイク編  

トランジッションを終えてバイクをピックアップ。
そこからバイクスタートまでが長―い。

T1:  4:21

バイクにまたがり走りだす。
あまり周りに人がいない。

スイムが速いのか遅いのかよくわからなかった。
時計をみると1時間5分くらいたっている。

トランジッション5分としてもスイムで約1時間。
まずまずのスイムアップだったのを知る。

最初はフラットな湖畔。
前を走っていたGenに追いつくと「エイジ3位」だと教えてもらう。

0472_15065_convert_20130905063018.jpg

あっという間に田村さんに追いつかれる。
その後すぐに吉村さんにも追いつかれる。

やっぱりこのふたり速いなーと感心。
とりあえず序盤なので自分のペースで走る。

湖畔を過ぎ登りにはいる。
80kmも行かないうちに3分後スタートの清悟さんにまで追いつかれる。
なんと清悟さんの後ろにはドラフティング野郎たちが10名位みっしりへばりついている。

これは本当にひどかった。
マーシャルが来ても何もペナルティーを取らないからやりたい放題。
さすがに清悟さんも怒っていた。

こんなのが前をふさいでいるので、しばらくこの集団の後方を(もちろん十分ドラフティングゾーンを開けて)走ることに。

おそらく100km過ぎたあたりから雨が降り出す。
しかもだんだん本降りに。

ここで一気にアタック。
スピードを上げてドラフティング集団を抜き去る。

しばらく行くと先行していた田村さん、吉村さんをとらえる。
前にはあと930(川原谷さん)ひとりいるだけだ。

前には見えるがなかなか追いつかない。
追いつかないどころか離されていく。

土砂降りの中、坂を70km/hくらいで下る。
ブレーキは全然効かない。

2010年のカナダの悪夢がよみがえるが、みぞれが降ったあの時のような寒さではない。
気分がハイになってくる。

湖畔に戻ってきた。
今度は風がスゴイ。
向かい風になると全然進まない。

最後の20kmがきつかった。
脚が疲れてきてダンシングを使わないと加速できない。

0472_08382_convert_20130905063752.jpg

時間をみると5時間30分くらい。
このコースとコンディションではまずまずか。
とりあえずエイジ2位でバイクアップできた。

バイク: 5:35:44(エイジ2位、総合30位)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kueenk.blog86.fc2.com/tb.php/1426-796c2028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。