The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

富士山登頂記(その2)  

寝床に入るが狭いし、なかなか寝付けない。
そのうち、頭がガンガンして寒気がしてきた。
そして胃がむかむかして吐きそうな感じになる。

しょうがないので起きて山小屋の支配人にその事を言うと、
「それは高山病だから、まず全部吐いた方がいい。
胃が動いていると余計酸素が使われるから」と言われた。

「...高山病」。

空気が薄いところに行くと、頭が痛くなったり、気分が悪くなったりするということは聞いていた。
しかし自分がなるとは全く思っていなかった。

昨日頂上まで行ったときも多少の息苦しさはあったけど何ともなかった。
心肺機能だって普通の人間よりは結構高いと思う。

本当に気持ちが悪くなってきたので、外のトイレに行く。
「トイレでは吐かないでください」
そう張り紙がしてあったので、トイレの後ろまで行って吐いた。

寝床に入ってみるが余計に頭が痛くなる。気分もさらに悪くなる。
1時間くらい苦しんでいたがもう一度吐きにいった。
カレーの味がした。

全部吐いたら多少は楽になったがとても寝付けない。
そうこうしている内に1時になりみんな起きだす。
頂上まで行くのはとても無理。

一緒に来ている仲間には高山病なのでこのまま寝ていることを伝え行ってもらった。
まさかご来光ツアーにきて頂上に見にいけないとは思わなかった。

2時間ほど寝ただろうか。
この山小屋からでもご来光が見られるということで頂上まで行かない人が起きだした。
4時過ぎ、まだ直っていないが自分も起きてご来光を待った。
ものすごく外は寒い

そして4時30分頃、太陽が昇った。
やはりなかなか感動的。
頂上でみられなかったのは残念だけど、やはり来てよかった。

DSC01025_convert_20090713053315.jpg
DSC01029_convert_20090713053451.jpg


6時頃仲間が帰ってきたが、みんな疲れてぐったりしている。
寒さと渋滞でかなり疲れたらしい。
この頃になり、ようやく自分も回復してきた。

朝ごはんに弁当を食べ、7時には下山開始。
すごい人数が山を下りている。

DSC01030_convert_20090713053718.jpg
DSC01032_convert_20090713053929.jpg
DSC01031_convert_20090713054054.jpg


結局下りは2時間くらいで順調に五合目まで帰ってきた。
DSC01033_convert_20090713054305.jpg

富士山は意外に手ごわくみんなヘトヘト。
でもやっぱりおもしろい。

山開きから前日までは毎日雨だったという。
天気には恵まれたしご来光も拝めた。
高山病も味わえたし。

一度は行ってみる価値のある富士登山でした。

DSC01037_convert_20090713055610.jpg

(終わり)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 2

コメント

ニアミスでしたね~
それにしても、プリ金さんが高山病にかかったなんて意外!!!
私はたまたま運がよかっただけかもしれないですね。

タダゴン #- | URL
2009/07/13 18:42 | edit

タダゴン

ひどい目に会いました。いきなり頂上に行ったのが悪いのか、上の山小屋に泊まったのが悪いのか。

富士登山走は大切だと思いますので頑張ってね。

プリ金 #- | URL
2009/07/15 07:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kueenk.blog86.fc2.com/tb.php/267-711fa418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。