The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

魚になるまで泳げ  

本日の日経朝刊にフジヤマのトビウオ古橋氏の記事がのっていた。



「私の履歴書」で

・選手時代は毎日6~7時間2万m近く泳いでいた
・耳の肉が盛り上がり、耳に水が入らなくなった
・濁った水の中で何メートルも見通せ
・体に水が付着しなくなり、プールから出た時、タオルでふく必要もない

本当に魚のような体だった、と語っている。


フジヤマのトビウオは半魚人に進化していたらしい。
たぶんマイケル・フェルプスもそのくらい泳いでいると思うが人間のままだ。

それとも妄想癖か?

category: ひとり言

tb: 0   cm: 3

コメント

鈴木大地は練習を続けていくうちに手に段々水ひれができるのが嬉しかったと言ってました。
あと髪の色が塩素で抜けたりとか。お前自分で抜いてるだろみたいなのもいましたけど、本当に練習を積んで抜けると段々髪先がピンク色になるそうです。
福大の選手は陸にいる時間より水の中にいる時間のほうが長いとか聞かされたこともあります。

大体強い選手には一線を越えた何かがありますね(^-^;;

僕は学生時代は車だったので、歩く距離より泳ぐ距離のほうが長かった位しかないです(x_x)

たけはら #5kWsapJA | URL
2009/08/04 13:44 | edit

タケちゃん

うーんじゃあやっぱりフジヤマのトビウオは魚のような体になったってことか。

でも人間に水ひれができるの?
本当だったらすごいね。

プリ金 #- | URL
2009/08/04 22:03 | edit

恐らくですが、古橋さんの時代はまだ水の浄化設備のない練習プール(たしか浜名湖に枠を入れただけのプールでしたっけ)だと思うので、水質は相当悪かったと思うのです。
そんな環境で長時間体力の限界近くまで練習していたとすれば耳の病気にかかったり治ったりして耳の肉も盛り上がりそうですし、お肌もふやけて戻ってを繰り返してるうちに身体を守るように全身脂性のようになって水が付着しなくなるのもありえなくも無いかなと。

鈴木大地の現役時代の水ひれは、第1関節の半分くらいまであったそうですよ。

たけはら #piA7nPdg | URL
2009/08/05 14:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kueenk.blog86.fc2.com/tb.php/287-0a5ddd2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。