The Prince-K's Journal

for "Big Saturday"

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

<参戦記>2011 Ford Ironman World Championship 【RACE DAY】 レース後  

【RACE DAY】 レース後

ゴールするとすぐにひとりひとりお世話係がついてくれる。
まず何がしたいかと聞かれ「マッサージ」と伝える。
ところがすでに長蛇の列。

10時間台で帰ってきても、もう830名がゴールしている。
とてもこの列に並ぶ気にならなかった。

しょうがないのでフィニッシャーTシャツとメダルをもらいに行く。
食べ物もほとんどない。
追加のピザはまだしばらく来ないらしい。

しょうがないのでアイスクリームを食べた。
すごくおいしかった。

プレスイムバックを受け取りホテルへ戻る。
シャワーを浴びチームメンバーの応援している場所へ向かう。

307371_174479279303076_100002230164276_363616_2050114157_n.jpg

MASAさんは無事ゴールしたと聞いて安心した。
あとはリョーコだけ。
やっとエナジーラボを出たとの情報。

ここで道路に応援メッセージ(名前)を書いていたことを教えてもらう。
素晴らしい。
でもレース中は全く気付かなかった。すいません。

311338_171513522934278_100002268947195_369158_1214018923_n.jpg

シバゴンがパニーニ(?)を買って来てくれた。
おいしかった。

1時間以上してようやくリョーコが帰ってきた。
疲労困憊の顔をしている。
チームY全員完走。
良かった、良かった。

その後みんなで食事。
自分はあまり食欲がなかったのでビールだけにしておいた。

IMG_1166.jpg

バイクとギアをピックアップしホテルへ。
少し休んで11時過ぎに最後の1時間のフィニッシャーを応援に行く。

この時間に帰ってくる選手はあまりいない。
だからこそこの時間に帰ってくる選手は大きな拍手と声援で迎えられる。感動の瞬間。

総括_1~1

最後の方になると70歳代そして80歳代が帰ってくる。
「You are an “IRONMAN”」と称えられる選手たち。
素晴らしい光景がここにあった。

レースに参加した選手や応援の人達がほとんど来ていると思われるほどたくさんいる。

DSC00126_convert_20111021185103.jpg

12:00になり長いレースが終わった。
最後の選手に入ってきた女性選手は数秒タイムオーバー。
残念ながらフィニッシャーに名前はなかった。

この日の終わりは優勝したチームY名誉メンバー“アレクサンダー”とゴールゲートで記念撮影。

ALE~1

とうとう今年のレースが終わってしまった。

(つづく)

category: 参戦記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kueenk.blog86.fc2.com/tb.php/973-eb2df5ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

FC2カウンター

フリーエリア

リンク

地球の名言Ⅱ

カレンダー

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

オワタおみくじ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。